十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

カラマツの植栽で林業を学ぶ 上士幌高校

 【上士幌】上士幌高校(渡邊邦夫校長、生徒136人)の生徒が13日、カラマツの苗木の植栽作業を体験し、林業の役割について学んだ。

 同校3年生の選択科目として、まちのことを学ぶ独自の授業「上士幌学」の一環。今年度は12人が履修している。造林の担い手が減少し伐採跡地が増えているなど林業の課題や自然林の特徴を知り、森林の役割について理解を深めることが目的。

 町農林課の...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 自然林を見学する生徒たち

    自然林を見学する生徒たち

  • 法島所長(右)に苗の植え方を教わる生徒たち

    法島所長(右)に苗の植え方を教わる生徒たち

  • くわで穴を掘り苗を植える生徒たち

    くわで穴を掘り苗を植える生徒たち

更新情報

十勝側区域の拡張要望 日高山脈国立公園化 十勝圏活性化推進期成会

紙面イメージ

紙面イメージ

6.18(金)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME