十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

大樹の「宇宙港」実現へ新たな1歩 投資呼び込みへ問われる発信力

 「宇宙のまち」を掲げる大樹町が、30年来目指してきたスペースポート(宇宙港)構想は、ロケット射場の管理運営を担う「スペースコタン」の設立によって、新たな1歩を踏み出した。

 町は、宇宙ベンチャーのインターステラテクノロジズ(IST)が現在使用するロケット発射場の他、射場を2カ所増やし、3000メートル級の滑走路も新設する計画。航空会社が増えて旅客機を飛ばすと空港が活性化するよう...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

サクラマス養殖試験2年目スタート 大樹

紙面イメージ

紙面イメージ

5.15(土)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME