十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

素材とコーヒーのペアリング楽しんで 食材の名を冠して7種のコーヒー開発

7種のコーヒーの完成を喜ぶ(左から)鈴木さんと西島さん

 帯広市内のレストラン「yoshiyuki」(西3南10、西島祥之代表)とコーヒー卸売業者「グリーンファイブコーヒー」(鈴木孝直代表)は、食に相性のいいコーヒーを共同開発した。ロブスターなど食材の名を冠した商品とすることで、コーヒーの奥深い世界を食べ合わせから楽しめるよう工夫した。

 西島さんは、とかち財団が運営する事業創発拠点「LAND」の一角でコーヒー店を営んでいた鈴木さん(3月末に退店)と知り合い、食後だけでなく、食中にも合わせられるコーヒーの開発に昨年着手。「その日の気分に合わせて、お気に入りのコーヒーを1週間毎日楽しんでほしい」と7種類のコーヒーを考案し、販売を始めた。

 7種は、カカオ、ウィート(小麦)、ストロベリー、ロブスター、トマト、マロン、トカチ。トカチのみ、食材の名前を冠さない入門者向けのブレンドとした。そのほかの6種は、食材の味や香りに近づけられるよう、複数の豆をブレンドしたり、焙煎(ばいせん)方法を調整するなどした。

 商品はそれぞれ単品で20グラム300円、100グラムが袋入りで1000円(ボトル入りは1618円)。ほかに、飲み比べられるよう3種セットなども販売している。yoshiyukiの店頭や、グリーンファイブコーヒーの事務所(市西12南15)、両店のオンラインストアで購入できる。

 鈴木さんは「西島さんの料理にインスピレーションを受け、今まで作ったことのないタイプのコーヒーも完成した」、西島さんは「コーヒー豆の生産地を伝えるより、食事との組み合わせや食材に味を例えることで、新たな好みが広がるはず」と話している。
(本田龍之介)

関連写真

  • 完成した7種のコーヒーは1週間で違った味を楽しんでほしい思いを込めた

    完成した7種のコーヒーは1週間で違った味を楽しんでほしい思いを込めた

  • 7種のコーヒー完成を喜ぶ(左から)鈴木さん、西島さん

    7種のコーヒー完成を喜ぶ(左から)鈴木さん、西島さん

更新情報

酪農アーティスト下山さん30日に版画教室 アトリエ実現へ一歩 大樹

紙面イメージ

紙面イメージ

5.16(日)の紙面

ダウンロード一括(55MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME