十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝産第1弾はニンジンジュース 道フードネットワーク

14日から販売する「愛(めぐみ)NINJIN」をPRする木戸氏(右)と松本氏(右から2人目)

 十勝などの道内の事業者・生産者などで立ち上げた「北海道フードネットワークプロジェクト」は8日、帯広市内で記者会見を開き、第1弾のニンジンジュース「愛(めぐみ)NINJIN」を披露した。JAおとふけのニンジンを使い、スープのようなクリーミーな飲み口とした。

 帯広物産協会が中心になって進めてきた十勝産品の加工品の企画・開発を推進しようと立ち上げた。道内の事業者やJAなど約20団体が参画する。

「愛(めぐみ)NINJIN」

 ジュースはJAおとふけが収穫後、即日選果している新鮮なニンジンを使用。同JAでは2005年ごろからニンジンの本格生産を始めている。瓶はワインボトルと同様のものを使用、外装面で高品質をアピールした。

 十勝では音更町内のハピオや道の駅おとふけなど5カ所程度で14日から販売。
14~20日には、大丸札幌店にも並べる。1本300ミリリットル、972円。今後、幕別産ジャガイモを使った第2弾の加工品も販売する予定だ。

 帯広物産協会の木戸善範事務局長は「十勝と道内他地域とのコラボレーションで開発した商品を道外や海外に輸出したい」と強調。プロジェクトリーダーで、ふたみ青果(釧路市)の松本政人専務は「ディスカウント時代の中、少しでも高く売れるものを作らなければならない。(参画事業者が)手に手を取って協力し販売する」と語った。(本田龍之介)

関連写真

  • 14日から販売する「愛(めぐみ)NINJIN」をPRする(右2人目から右に)松本氏、木戸氏

    14日から販売する「愛(めぐみ)NINJIN」をPRする(右2人目から右に)松本氏、木戸氏

更新情報

国鉄カラー 風を切る JR釧路管内 復活運行

紙面イメージ

紙面イメージ

5.11(火)の紙面

ダウンロード一括(55MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME