十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「西蝦夷日誌」の現代語訳本を帯広市に寄贈 井村屋

寄贈された「西蝦夷日誌七編」の現代語訳本と米沢市長

 「あずきバー」で知られる井村屋グループ(三重県津市)は24日、北海道の名付け親で知られる松浦武四郎の「西蝦夷日誌七編」の現代語訳本・150冊(22万円相当)を、帯広市に寄贈した。市内小中学校や図書館などに配置する。

 井村屋グループは菓子原料に十勝産小豆を使用し、道内の企業や自治体とも積極的に交流。探検家の武四郎が三重県出身ということもあり、記録の保存や研究にも取り組んでいる。

 寄贈したのは「自由訳 西蝦夷日誌七編」。井村屋グループが助成し、「たけしろうカンパニー」(津市)が出版した。西蝦夷日誌七編は、武四郎が道内の日本海沿岸地域を調査した全7編の紀行本。

 24日はオンラインで贈呈式を開催。帯広市から米沢則寿市長と広瀬容孝学校教育部長、井村屋側は浅田剛夫会長と中島伸子社長が出席した。市がオンラインで寄付を受けるのは初めてで、寄贈図書と感謝状をそれぞれ事前に送付した。

 井村屋グループは2018年にも「十勝日誌」の自由訳本を市に1400冊寄贈している。米沢市長は3年前の寄贈にも触れ、「子どもたちから『松浦武四郎についてもっと知りたい』との声が寄せられている。小中学校の読書活動や授業の教材に活用させてもらう」と述べた。

 浅田会長は「西蝦夷日誌も興味深い内容なので、楽しみながら読んでほしい」と話していた。(岡田優人)

関連写真

  • 「西蝦夷日誌」の現代語訳本を帯広市に寄贈 井村屋 2

    「西蝦夷日誌」の現代語訳本を帯広市に寄贈 井村屋 2

  • オンライン贈呈式で感謝の言葉を述べる米沢市長(24日)

    オンライン贈呈式で感謝の言葉を述べる米沢市長(24日)

更新情報

元町職員が地方創生コンサル会社設立 清水

紙面イメージ

紙面イメージ

4.22(木)の紙面

ダウンロード一括(110MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME