十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

コロナ関連業務の消防職員に手当て 広域消防事務組合

 とかち広域消防事務組合(組合長・米沢則寿帯広市長)、十勝圏複合事務組合(同・同)、十勝中部広域水道企業団(企業長・同)の各定例議会が22日、帯広市議会本会議場で開かれ、2021年度の各予算案を原案通り可決した。

 広域消防の21年度一般会計予算は20年度比3億5994万円減の65億2640万円。職員が新型コロナウイルス感染症から住民を保護する作業に従事した場合、1日につき300...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

余剰熱利用マンゴーが好調 鹿追

紙面イメージ

紙面イメージ

2.25(木)の紙面

ダウンロード一括(113MB) WEBビューア※モバイル向け Flashビューア※Flash Pleyer

日別記事一覧

前の月 2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME