十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

太陽が3つに分身 市内で幻日(げんじつ)目撃

太陽の近くで別の光が見える幻日(10日午後1時40分ごろ、上田秀樹さん撮影)

 太陽から少し離れた位置に明るい光が見える現象「幻日(げんじつ)」が10日午後、帯広市内で発生し、市民がカメラに収めた。

 幻日は雲の中の氷の結晶に太陽の光が当たり、屈折することで見られる現象。発見したのは市内の自営業上田秀樹さん(47)。同日午後1時40分ごろ、住まいのある市内大正町で犬の散歩をしていたところ、南の空に光を確認し、撮影したという。上田さんは「太陽の片側に1個光がある状態のものは見たことがあるが、2個あるのは初めてだった」と話す。

 帯広測候所によると幻日は「日中に太陽が出ていて、かつ上空の空気が湿っているなどの条件がそろえば確認できる可能性がある」としている。(大木祐介)

関連写真

  • 太陽の近くで別の光が見える幻日(10日午後1時40分ごろ、上田秀樹さん撮影)。

    太陽の近くで別の光が見える幻日(10日午後1時40分ごろ、上田秀樹さん撮影)。

更新情報

地域おこし協力隊2人が着任 士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

4.10(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME