十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝川河川域や山麓、森林にも エゾユキウサギの生息域確認 大谷短大の野崎教授

 野生生物の生態などをライフワークとして調べている野崎司春さん(67)=芽室町、帯広大谷短期大学特任教授=が、帯広市とその近郊で積雪期のエゾユキウサギの生息状況について調査結果をまとめた。2009年から11年間にわたり、雪に残った足跡を基に丹念に調べ、芽室町上美生や帯広市八千代の山麓地域、十勝川や札内川の河川域、同町北明から清水町美蔓にかけての森林などを生息域として確認した。

 ...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 冬毛のエゾユキウサギ(2018年2月、帯広市岩内仙峡。野崎さん提供)

    冬毛のエゾユキウサギ(2018年2月、帯広市岩内仙峡。野崎さん提供)

更新情報

デスティネーション十勝が地域連携DMOに登録

紙面イメージ

紙面イメージ

4.16(金)の紙面

ダウンロード一括(84MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME