十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

厳寒の海で旬のウニ漁 広尾漁協

音調津漁港で漁業者に選別されるウニ(5日午前10時半ごろ)

 【広尾】町内の音調津漁港沖で5日、冬の風物詩のエゾバフンウニ漁が始まった。ダイバーが厳寒の海に潜ってウニを採取し、同漁港に水揚げした。漁は5月ごろまで続く。

 広尾漁協(亀田元教組合長)は30年ほど前から、音調津漁港の種苗生産施設で育てた稚ウニを海に放流し、4年ほど経過したものを漁獲している。

 例年1月ごろから漁を始めるが、今年はしけなどでずれ込んでいた。

 ダイバーたちは午前8時半ごろに出港。午前10時すぎに水揚げされたウニは漁港の作業所に運ばれ、15人ほどで手際よく選別した。5センチ以下のウニは資源保護のため海に戻している。

 漁協うに部会の瀧本保(たもつ)副部会長(69)は「コロナ禍で値段は厳しいかもしれないが、味は変わらない。身が締まった旬の広尾のウニを食べてほしい」と話していた。(松村智裕)

関連写真

  • 音調津漁港に水揚げされるウニ(5日午前10時20分ごろ)

    音調津漁港に水揚げされるウニ(5日午前10時20分ごろ)

  • 音調津漁港で漁業者に選別されるウニ(5日午前10時35分ごろ)

    音調津漁港で漁業者に選別されるウニ(5日午前10時35分ごろ)

  • 音調津漁港で選別されたウニ(5日午前10時35分ごろ)

    音調津漁港で選別されたウニ(5日午前10時35分ごろ)

更新情報

キャンピングトレーラーを隔離施設に 中札内のかつら旅館

紙面イメージ

紙面イメージ

5.21(土)の紙面

ダウンロード一括(54MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME