十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

今年の恵方は南南東 スーパーなどで恵方巻きの販売好調

恵方巻きを買い求める市民ら(2日午前11時半ごろ、ダイイチ白樺店で。金野和彦撮影)

 節分の2日、十勝管内のスーパー、すし店では恵方巻きが並んだ。予約段階で売り上げを伸ばす店舗もあり、関係者からは「コロナ禍という世相もあり、厄払いとして買う人も多いのでは」との声も聞こえる。

 節分は立春の前日で例年は2月3日だが、地球が太陽を回る周期のわずかなずれが影響し、今年は124年ぶりに2月2日に。今年の恵方は南南東。

 帯広市内のダイイチ白樺店では、恵方巻きの予約数が昨年比12%増。フードロスを減らす取り組みの一環で予約特典を毎年設け、同社ポイントカードのポイントを付与している。遠藤耕友店長は「去年よりも予約が好調。豆も10%伸びるなど節分関連商品がよく出ている」と話す。

 回転ずしチェーンのなごやか亭は、各店で恵方巻きの予約が30%増で推移。高野豆腐や厚焼き卵などを巻いた新商品「なご巻き」が年配客らに好評という。運営する三ツ星レストランシステムは「単価の高い商品も予約が入っており、節分当日は夕方くらいに売り切れそう」(帯広支社)としている。(本田龍之介)

関連動画

  • 今年の恵方は南南東 スーパーなどで恵方巻きの販売好調

更新情報

地域おこし協力隊2人が着任 士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

4.10(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME