十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

イチョウ新名所 秋にライトアップ 勝毎音更支局開設

黄色く鮮やかに染まったイチョウ並木のライトアップ(昨年10月25日、音更町木野北通で)

 音更町のイチョウ(銀杏)並木は別格だ。10月半ばを過ぎた頃から、「むつみアメニティパーク」(木野西通13)沿いは黄金色に染まり、道行く人の目を楽しませる。

 2019年から十勝毎日新聞社の企画で、イチョウ並木が黄金色に染まる時期にライトアップしている。昨年は10月25~31日の期間、数本のイチョウを鮮やかに照らした。

 十勝毎日新聞の調べでは、木野西通と外周の鈴蘭、緑陽台、共栄台地区を含む東西2キロ、南北1・5キロの範囲に800本以上が植えられている。閑静な住宅街でこれほどの数を目にできる場所は全国でも珍しく、木の数で比較すると、明治神宮外苑(東京)の146本を超え、甲州街道の八王子市追分町(同)から高尾駅前まで植栽されている約770本と肩を並べる。

 イチョウ並木は音更の財産であり、新たな観光資源としての可能性を秘めている。

関連写真

  • 秋になると黄色く鮮やかに染まるイチョウ並木(昨年10月22日、音更町木野北通で)

    秋になると黄色く鮮やかに染まるイチョウ並木(昨年10月22日、音更町木野北通で)

更新情報

余剰熱利用マンゴーが好調 鹿追

紙面イメージ

紙面イメージ

2.25(木)の紙面

ダウンロード一括(113MB) WEBビューア※モバイル向け Flashビューア※Flash Pleyer

日別記事一覧

前の月 2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME