十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

冬の芸術 糠平湖に「アイスバブル」出現

凍った湖上に出現したアイスバブル(17日、上士幌町糠平湖の五の沢付近で)

 【上士幌】全面結氷した上士幌町の糠平湖上で冬の風物詩となっている自然現象「アイスバブル」が、今年も発生している。

 アイスバブルは、湖底の有機物が分解されるなどして発生したメタンが湖面付近で氷に閉じ込められる現象。ワカサギ釣り客が多く訪れ、五の沢湾内で見られる。現在は20センチほど積雪があるが、スコップで雪を取り除くと、氷の中に連なる気泡が見られる。

 上川管内東神楽町から訪れた友田智美さん(45)は「透き通る氷と白い気泡がきれい」と見入っていた。

 NPOひがし大雪自然ガイドセンター代表理事・河田充さんは「昨年は不作だったが、今年は例年通りの発生状況。ガスの発生が多い場所は、湖面が凍らず穴が開いている所もあるので注意してほしい」と話している。(塩原真)

更新情報

余剰熱利用マンゴーが好調 鹿追

紙面イメージ

紙面イメージ

2.25(木)の紙面

ダウンロード一括(113MB) WEBビューア※モバイル向け Flashビューア※Flash Pleyer

日別記事一覧

前の月 2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME