十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

親子2代で豊頃のハルニレ撮影 浦島さんが写真集刊行

町のシンボルツリーで多くの人に愛されているハルニレ。春夏秋冬のハルニレの美しさを捉えた写真集を手にする浦島さん

 アマチュア写真家の浦島久さん(67)=帯広市=は、豊頃町のハルニレを題材にした写真集「ハルニレ THE ELM TREE」を23日、IBCパブリッシングから出版した。「ハルニレの写真家」と称された、父親で写真家の甲一さん(2001年に逝去)の遺志を継ぐように、親子2代でハルニレに魅せられた。

 浦島さんは豊頃町生まれ。帯広市内で英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」を経営する傍ら、十勝の自然を中心に撮影している。町大津海岸の冬の風物詩「ジュエリーアイス」の名付け親としても知られ、2018年に写真集を出版。写真集は今回が2冊目となる。

 甲一さんは郷土愛の姿勢や作品が中学英語の教科書に取り上げられ、浦島さんはそれをきっかけに09年から風景写真を撮り始めた。ハルニレに魅了されたのは同年の台風の夜、夢に出てきた甲一さんからハルニレへ向かえと聞き、行ったところ朝日が差し込む中、水たまりに映る木があった。レンズを通したハルニレはきらきらと輝き、夢中でシャッターを切ったことが始まりだ。

ハルニレを親子で収めた写真集(左上が甲一さん作)

 写真集には10年間で撮りためた約10万枚の中から、台風の翌日に撮影した写真を含む57枚を選んだ。最初は行き当たりばったりの撮影だったというが、週に1度は足を運ぶうちに徐々に撮りたいハルニレのイメージができてきた。浦島さんは「生命力や優しさ、包容力。多くの人を引き込む魅力がある」とし、自らもその1人だという。

 10年に渡りハルニレを撮り続けた甲一さんだが、1984年に写真集「TREE」(青菁社)を出した後は“卒業”して被写体を変えた。浦島さんは今後もハルニレの撮影をライフワークに考え、「父と同じ場所で撮影しているのは不思議な感覚。『弟子がほしい』と言っていたのを思い出して。僕に撮ってほしかったのかと今になって思うし、幼少期から見ていた父の写真に強く影響を受けている」と父の存在の大きさを話している。

 A5判、127ページ。税込み2200円。全国の書店で扱っている。(松田亜弓)

発刊を記念し弘文堂で展示
 発刊を記念した写真展が12月5~20日、帯広市内の弘文堂(西2南9、六花亭本店3階)で開かれる。札幌や上川管内占冠村トマムでも予定している。オンライン写真展も開催。12月6日午後7時から、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、浦島さんが写真を紹介する。参加希望者は、同4日までに名前と連絡先を書いたメールをjoyadults@joyworld.comへ。

更新情報

帯緑陽代表一番乗り、6―1帯工 夏の高校野球十勝支部予選

紙面イメージ

紙面イメージ

7.2(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME