十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

理想の看護師目指して 帯広高等看護学院で戴帽式

戴帽式に臨み、臨床実習へ心を新たにする学生たち(金野和彦撮影)

 帯広高等看護学院(菊池英明学院長)で9日、戴帽式が開かれた。看護師の象徴であるナースキャップやバッジを着けた1年生47人が、新型コロナウイルス禍で迎える臨床実習に向けて心を新たにした。

 今年度の1年生は女子学生43人、男子学生4人。四季では担任教員から女子にナースキャップ、男子には胸元にバッジが与えられ、1人ずつキャンドルサービスを行った。その後、全員でナイチンゲール誓詞を朗読した。

 今春入学した学生たちは、新型コロナウイルスの流行を受け、休校や分散授業の中で基礎知識を学んできた。今後は臨床での実習が始まる。式辞で菊池学院長は「コロナの厳しい現実が待ち構えているが、その中で看護師になる夢、希望を再確認してほしい。きょうの感激を心の支えに、理想とする看護師になることを願う」とあいさつ。上級生代表の橋本陸さんが激励の言葉を贈った。

 感染防止対策で保護者や在校生は不在の式典になったが、1年生を代表して堀江来美さんは「多くの人への感謝を胸に、それぞれが抱く看護師像に向けて歩みたい」と決意を述べた。(安田義教)

関連動画

  • 理想の看護師目指して 帯広高等看護学院で戴帽式

関連写真

  • 戴帽式に臨み、医療従事者としての決意を新たにする帯広高等看護学院の学生たち(9日、金野和彦撮影)

    戴帽式に臨み、医療従事者としての決意を新たにする帯広高等看護学院の学生たち(9日、金野和彦撮影)

  • 理想の看護師目指して 帯広高等看護学院で戴帽式 3

    理想の看護師目指して 帯広高等看護学院で戴帽式 3

  • 戴帽式に臨み、医療従事者としての決意を新たにする帯広高等看護学院の学生たち(9日、金野和彦撮影)

    戴帽式に臨み、医療従事者としての決意を新たにする帯広高等看護学院の学生たち(9日、金野和彦撮影)

  • 戴帽式に臨み、医療従事者としての決意を新たにする帯広高等看護学院の学生たち(9日、金野和彦撮影)

    戴帽式に臨み、医療従事者としての決意を新たにする帯広高等看護学院の学生たち(9日、金野和彦撮影)

更新情報

元町職員が地方創生コンサル会社設立 清水

紙面イメージ

紙面イメージ

4.22(木)の紙面

ダウンロード一括(110MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME