十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ジャガイモの花も太陽待っている

白色のかれんな花を付ける「トヨシロ」(30日午前9時半ごろ、帯広市豊西町の西保農場、塩原真撮影)

 十勝管内で今年もジャガイモの花が咲き始めた。紫や白色の花が各地で開き、景観を彩っている。

 4月下旬ごろから植え付けられたジャガイモは、この時期に開花を迎える。

 男爵、加工用のトヨシロを7・6ヘクタールで育てる帯広市豊西町の西保農場では、25日ごろから花が咲き始めた。男爵は薄紫色、トヨシロは白の花を付けており、7月上旬ごろには満開になる見通しという。

 男爵は8月下旬、トヨシロは9月初旬に収穫を迎える予定。同農場の西保真也さん(33)は「生育は悪くないが、最近の日照不足がどう影響するか。高温になり過ぎず、適度に晴れる天気になってほしい」と話している。(中島佑斗)

関連動画

  • ジャガイモの花も太陽待っている

関連写真

  • 紫や白 ジャガイモの花、かれんに 2

    紫や白 ジャガイモの花、かれんに 2

更新情報

スウェーデンの音楽セラピー体験 帯広の子どもたち笑顔

紙面イメージ

紙面イメージ

4.15(月)の紙面

ダウンロード一括(89MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME