十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

タウシュベツの“裏の顔”写真集に 士幌の岩崎さん

写真集「裏タウシュベツ拾遺」を発行した岩崎さん

 【士幌・上士幌】士幌町在住の岩崎量示さん(40)が、自身4作目となる写真集「裏タウシュベツ拾遺」を出版した。上士幌町ぬかびら源泉郷内の旧国鉄士幌線コンクリート橋「タウシュベツ橋梁(きょうりょう)」を被写体に、ドローン(小型無人飛行機)で撮影した貴重な写真も数多く収録。橋の新たな一面が見られる“マニアック”な1冊となっている。

 1作目の「タウシュベツ拾遺」(2015年発刊)に続き、インターネットなどで賛同者から資金の提供を募る「クラウドファンディング」を活用。昨年9月30日~10月25日の期間で目標額50万円としたところ、支援者191人から計138万円が寄せられた。

 写真集は昨年12月20日に発刊。タイトルに「裏」が付くだけに、「どちらかと言えば橋の予備知識を持っている人向け。1作目とセットで見てもらえるとより楽しめる」(岩崎さん)。直近の3年間で撮影した写真の中から8000枚選び、約100点を厳選した。

 その半数がドローンを駆使した写真で、橋が氷を破って現れる様子や水没後の全景など、普段は立ち入って見ることのできない橋の裏側を収めている。また、デザイナーの菊池尚美さん(帯広市在住)にイラストを頼み、写真集の顔となるカバーも初めて作った。

 岩崎さんは15年間住み続けたぬかびらの地を離れ、昨年9月から士幌に住んでいる。現在も週に2、3回ほど橋に通って撮影を重ね、凍結などで劣化が進む現状を目の当たりにしている。それでも、「写真集として残すことでそれがいつか財産となるはず。橋が崩れゆくその瞬間まで撮り続けたい」と話している。

 写真集はA4変形版(横)で、120ページ。500冊発行し、1冊3300円。上士幌町内のひがし大雪自然ガイドセンター、ぬかびら源泉郷郵便局でも取り扱っている。(小縣大輝)

更新情報

話しながら切符購入が可能に JR新得駅と池田駅

紙面イメージ

紙面イメージ

1.31(火)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME