十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

黒い豚丼 愛され 新橋 感謝の閉店 創業93年「味守れた」

最後の営業日も笑顔で豚丼を作る店主の熊谷隆さん(15日午前11時10分ごろ、新井拓海撮影)

 黒い豚丼で有名な帯広市内の味処「新橋」(西2南4)が、15日で創業93年の歴史に幕を閉じる。1926(大正15)年に開業し、豚丼の提供を始めたのが50年代後半。豚丼を提供する店としては、市内の「ぱんちょう」に続く2番目の老舗だ。2代目で代表の熊谷隆さん(72)は「体力に限界が来た。お客さまや従業員の支えでここまでやってこられ、感謝の思いでいっぱい」と話している。

 新橋は26年1月1日、先代の故熊谷善四郎さんが西2南8の廉売内で開店。当初は鍋焼きやチャーハン、そばなどを提供するカフェーだった。戦時中の45年に建物疎開のため、西1南4に移転。50年代後半には、ぱんちょうが開発した豚丼が帯広飲食喫茶組合で話題になり、新橋など市内の食堂が相次いで豚丼を提供するようになった。

 77年に七男である隆さんが経営を引き継ぎ、81年に現在地に移転。席数もほぼ倍と規模を拡大した。

 黒い豚丼は善四郎さんがカラメルソースにヒントを得て生み出し、当初からの味をそのまま隆さんが受け継いだ。新橋では網焼きではなく、肉汁のうま味を逃さないフライパンを使用。「肉汁をソース代わりにするが、脂身が強くならないように秘伝のたれを継ぎ足している」(隆さん)という。

 20年ぶりに食べたというお客さんから「味が全然変わらない。懐かしい」と感想をもらったこともあり、「昔からのおやじの味を守り続けてこられてよかった」と笑顔で振り返る。

 2000年代に入り、帯広名物といえば豚丼と全国的に知名度が上昇。「見た目が黒くて変わっているけど、おいしい」と、口コミなどで観光客の来店も増えた。「帯広の名物として責任を感じるほどに、豚丼が広く認められるようになってうれしい」

 店を閉めようと思ったのは「体力の限界が来たから」と隆さんは明かす。「70歳を過ぎた頃から、店を続ける体力がなくなってきた」とする中、ホール担当の従業員が1月末で退職したのを機に閉店を決意した。

常連客の長瀬さん(右)からは感謝の花も

 営業最終日の15日も午前11時に開店(午後3時終了予定)。30分ほどたつと市民らが次々と訪れ、席がどんどん埋まった。31年来の常連という市内の長瀬さち子さん(60)はいつもの「豚丼肉盛り」と「けんちん汁」を注文。「熊谷さんはほとんど年中無休で店一筋だった。寂しいが、ゆっくり休んでほしい」と、感謝の言葉とともに花を手渡した。

 隆さんは「長年続けてきたので申し訳ない気持ち」とする一方、「天気も良く、すがすがしく最後の1日を迎えられた」と感慨深げに語った。(藤島諒司)

関連動画

  • 黒い豚丼の新橋きょう閉店 創業93年、市内2番目の老舗

更新情報

思い出の鉄路・十勝の廃止駅 北海道拓殖鉄道編3 瓜幕駅

紙面イメージ

紙面イメージ

7.4(月)の紙面

ダウンロード一括(131MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME