十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

農業再生~原発事故被災地のいま(上)「ブランド牛 復活夢見て」

放牧試験に協力する山田さん-福島県飯舘村
 山あいの平地に田畑が広がる福島県飯舘村松塚地区。7年前の福島第1原発事故以降、水田に稲は植えられず、雑草が目立つ。この田畑の一角が今、緑の牧草地となり、計6頭の黒毛和牛が放牧されている。

放置の田畑活用
 県が昨年始めた放牧実証試験に協力するのは、震災前に地区で繁殖牛飼育を営んでいた山田猛史さん(69)。現在は避難先の福島市...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 2

    【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 2

  • 【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 3

    【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 3

  • 【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 4

    【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 4

  • 【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 5

    【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 5

  • 【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 6

    【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 6

  • 【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 7

    【農業再生~原発事故被災地のいま(1)】ブランド牛復活夢見て 7

  • 「持ってけるのはべこだけだなと思って」と牛を連れて避難した山田さん

    「持ってけるのはべこだけだなと思って」と牛を連れて避難した山田さん

更新情報

日本ハムの杉浦稔大投手ら道産子ファイターズ選手が野球教室、少年団の58人目を輝かせる

紙面イメージ

紙面イメージ

11.26(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME