十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「ロケット実用化に前進」 インターステラ稲川社長

 【大樹】インターステラテクノロジズ(本社大樹町)が14日に行ったロケットエンジンの実験では、同社の機体を宇宙空間まで飛ばすのに必要な100秒間の燃焼に成功した。実験後、稲川貴大社長は報道陣の取材に答え、「観測ロケットの実用化に近づいた」と手応えを語った。(伊藤亮太)

 -燃焼の状態は。
 推力1トンのエンジンを圧力、温度、推力全て正常値で100秒間燃焼させることができた。...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 宇宙への打ち上げに前進 インターステラ100秒燃焼成功

更新情報

大阪から移住の倉嶋さんが整骨院開業へ 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

9.22(水)の紙面

ダウンロード一括(130MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME