十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

地域発信へ「帯広牛」 交雑種をブランド展開 トヨニシファーム

 トヨニシファーム(帯広市、小倉修二社長)は今夏から、交雑種(F1)を「帯広牛」の名称で売り出す。主力の「豊西牛」(ホルスタイン雄牛)に続き、道内外の消費者に十勝産牛肉を発信する考え。小倉社長は「おいしさが生む豊かな気持ちを大切に『帯広牛』として売り出し、地域活性化につなげたい」と意欲をみせている。

 黒毛和牛の雄とホルスタインの雌を掛け合わせた交雑種は、ホルスタイン種より脂が乗...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

真っ赤なリンゴたわわに、松下リンゴ果樹園で収穫盛ん 芽室

紙面イメージ

紙面イメージ

9.25(土)の紙面

ダウンロード一括(105MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME