十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

第34回国際農機展~ICTが拓く未来(上)「畑作作業とコスト さらなる省力化」

無人と画像活用 脚光
 「人手不足に対応できるのはロボットしかない」。帯広畜産大学で農業機械を研究する佐藤禎稔教授は断言する。直進作業を補助し、農家の負担を軽くする自動操舵(そうだ)は十勝でも普及が進むが、「人を減らすことにはつながらない」と言う。

 管内では離農に伴い1戸当たりの経営規模が拡大。従事者の高齢化もあり、機械による一層の省力化が求められている。今回の国際農機展...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

「ピカピカの楽器で喜んで」 市内中学校に800万円分を寄贈 山田機械工業

紙面イメージ

紙面イメージ

12.3(金)の紙面

ダウンロード一括(132MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME