十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

浦幌の歌完成 シンガーソングライターのお仕事体験

歌い方を指導する佐脇さん

 【浦幌】芸術体験の場をつくる浦幌町の町民グループ「うらほろライトアップアート」(背古宗敬代表)主催の「シンガーソングライターのお仕事体験」で、浦幌をイメージした歌が完成した。歌詞は浦幌の日常と自然の素晴らしさを伝える内容で、講師を務めた希少がんと闘う帯広市出身のシンガー・ソングライター佐脇由佳さん(札幌)が参加者から出された言葉を紡いだ。(円子紳一通信員)

 お仕事体験会は、10日に浦幌町コスミックホールで開かれ、町民15人が参加した。前回(2月)の体験会では、参加者が佐脇さんが作ったメロディーを聞いて、浦幌をイメージした言葉を出し合った。

 この日は佐脇さんがそれを基に完成させた歌詞が披露された。「風も空も大地も」「森や牛のにおい」「ただいま浦幌」など浦幌の日常や自然、思いが込められている。

 今回は、歌うための呼吸の仕方や上手な歌い方、練習方法などを学んだ後、参加者がレコーディングに臨んだ。後日、佐脇さんが編集し、「ふるさとの恵み」(作詞者・浦幌のみんな)として完成させる。

 普段から歌うことが好きな浦幌中3年の飯田留衣さん(15)は「歌には浦幌の良さがたくさん詰まっていて、改めて浦幌の良い所を知ることができた」と話していた。

完成した歌詞(1番)
 私の好きな生まれ育ったこの家 やさしいご近所さん 会いたい人がいる町
 田舎すぎるなんて拗(す)ねた日もあるけど
 ここにしかないもの
 風も空も大地も
 ただいま浦幌 変わらない景色は 守りつなぐ かけがえない恵み

関連写真

  • 参加者に歌い方を指導する佐脇さん

    参加者に歌い方を指導する佐脇さん

  • 歌い方を指導する佐脇さん

    歌い方を指導する佐脇さん

更新情報

スカイアース頂上決戦で快勝 5―2 BTOP北海道 サッカー道リーグ第7節

紙面イメージ

紙面イメージ

7.21(日)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME