十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

仮設住宅の工期内完成に貢献 能登派遣の匠創建「復興支援隊」

 能登半島地震の発生から5カ月が過ぎた。被災地では今も、仮設住宅建設に向けて全国から大工らが集まり、支援に当たっている。住宅・店舗施工などの匠創建(帯広市、阿部利典社長)も5月13日から約3週間、...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 無数のがれきが残る被災地(復興支援隊提供)

    無数のがれきが残る被災地(復興支援隊提供)

  • 被災者の思いが詰まった感謝の看板(復興支援隊提供)

    被災者の思いが詰まった感謝の看板(復興支援隊提供)

  • 真横に倒れた建物(復興支援隊提供)

    真横に倒れた建物(復興支援隊提供)

  • 「石川の力」と刻まれたヘルメット(復興支援隊提供)

    「石川の力」と刻まれたヘルメット(復興支援隊提供)

  • 感謝の言葉を述べる阿部社長

    感謝の言葉を述べる阿部社長

更新情報

忠類小 縫いぐるみでナウマンゾウ 紙で造形把握、メーカーへ伝達

紙面イメージ

紙面イメージ

6.19(水)の紙面

ダウンロード一括(87MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME