十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

消費拡大へ職場内に「ミルクスープ」配布 JA大樹職員組合

 【大樹】JA大樹町の職員組合(56人)は11月30日、職場内で手作りの「ミルクスープ」を配布した。乳製品の消費拡大が目的で、執行委員長の若宮隼人さん(信用共済部)は「食卓のメニューに加えてもらい、各職員の家庭から牛乳消費を伸ばしたい」と話している。

 国内では昨年来、新型コロナウイルスなどの影響を受けて牛乳消費が減退。最近は生産資材も高騰し、酪農現場は厳しい状況に置かれている。


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 消費拡大へ職場内に「ミルクスープ」配布 JA大樹職員組合 2

    消費拡大へ職場内に「ミルクスープ」配布 JA大樹職員組合 2

  • ミルクスープを配布したJA大樹町の職員組合(左は若宮執行委員長)

    ミルクスープを配布したJA大樹町の職員組合(左は若宮執行委員長)

更新情報

話しながら切符購入が可能に JR新得駅と池田駅

紙面イメージ

紙面イメージ

1.31(火)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME