十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ハロウィーンで商品開発 満寿屋×帯畜大生 「蒸しパン」麦音限定販売

 製パンの満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)が、帯広畜産大生のサークル・あぐりとかち(谷口二葉代表、20人)と共同で、ハロウィーン向けの新商品「蒸しパンプキン」を開発した。2年ぶりの連携企画。運営する麦音(市内稲田町南8線)で限定販売しており、早期に完売する日が多いなど人気となっている。

 あぐりとかちは、農業をテーマに各種団体と連携し、イベント参加などを通じ活動してきたが、コロ...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 共同開発の新商品「蒸しパンプキン」

    共同開発の新商品「蒸しパンプキン」

  • ハロウィーンで商品開発 満寿屋×帯畜大生 「蒸しパン」麦音限定販売 3

    ハロウィーンで商品開発 満寿屋×帯畜大生 「蒸しパン」麦音限定販売 3

更新情報

色とりどり光のオブジェ 音更「彩凛華」写真特集

紙面イメージ

紙面イメージ

1.29(日)の紙面

ダウンロード一括(64MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME