十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

農村部に目立~つ建物登場! 高さ16メートル、ISTロケット試験用のタワーが完成

 【大樹】宇宙の総合インフラ会社インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は、大樹町芽武の本社社屋南側に、新型ロケットの開発に使用する構造試験棟を整備した。

 推進剤タンクの圧力への耐久性を調べる「耐圧試験」設備(延べ床面積72平方メートル)と、「気密試験」設備(同65平方メートル)の2棟で構成。「耐圧試験」設備は高さ16・4メートルのタワーで、農村部ではひときわ目立つ。<...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 完成したロケット開発用の構造試験棟(写真は「耐圧試験」設備)

    完成したロケット開発用の構造試験棟(写真は「耐圧試験」設備)

更新情報

JR芽室駅前のサンタランドツリーが点灯 芽室

紙面イメージ

紙面イメージ

12.5(月)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME