十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

足寄の化石 道天然記念物に 世界最古の束柱類「アショロア」「ベヘモトプス」 化石では十勝初

 【足寄】道教委は29日、足寄町の茂螺湾集落で発見された束柱(そくちゅう)類の「アショロア」と「ベヘモトプス」の化石を、道の天然記念物に指定することを決めた。化石の天然記念物の指定は道内5件目で十勝管内では初めて。道内では36例目で、十勝では帯広畜産大学農場の構造土「十勝坊主」以来48年ぶり8例目の指定。2800万年前に生息していたとされるアショロアは世界最古の束柱類の化石の一つとされ、250...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • アショロアの復元した骨格レプリカ

    アショロアの復元した骨格レプリカ

  • ベヘモトプスの復元した骨格レプリカ

    ベヘモトプスの復元した骨格レプリカ

更新情報

「じゃがいもアイス」と「ホエイぱん」を商品化 札幌で販売へ 鹿追高生

紙面イメージ

紙面イメージ

11.30(水)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME