十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

原発廃炉を考える 泊差し止め訴訟の元弁護団長が解説

 「泊原発の廃炉をめざす会十勝連絡会」(中村廣治代表)が主催する講演会「泊原発差止判決を受けて」が18日、帯広市内のとかちプラザ開かれ、約30人が聴講した。

 講師は、泊原発の運転差し止めを道民らが求めた裁判の一審で弁護団長を務めた市川守弘弁護士。5月31日に札幌地裁が泊原発運転差し止めを言い渡した判決について解説した。

 裁判の争点となった「防災計画の適否」をめぐり、...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 訴訟の争点について説明する市川弁護士

    訴訟の争点について説明する市川弁護士

更新情報

JR芽室駅前のサンタランドツリーが点灯 芽室

紙面イメージ

紙面イメージ

12.5(月)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME