十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

本物鉄そりで「人間ばん馬」 450キロを6人で15メートル 10月2日、帯広競馬場

ばん馬まつりをPRする川田リーダー(左から2人目)と河瀬喜裕サブリーダー(同3人目)。右端は北千夏YEG副会長、左端は村上史賢サブリーダー

 「とかちばん馬まつり」(帯広商工会議所青年部=帯広YEG主催)が10月2日、帯広競馬場で行われる。メインイベントの「人間ばん馬」は、例年はイベント用の鉄そりを使用してきたが、今年はかつてレースで使われていた本物の鉄そりを引く。

 人間ばん馬は、引き手6人で騎手が乗る鉄そりを引きタイムを競う。これまでは実際のばん馬のコースで、約150キロのイベント用鉄そりを90メートル引っ張りタイムを競ってきたが、今年はコロナ感染防止の観点からコースの使用を断念。代わりに、競馬場内のふれあい広場で、450キロの本物の鉄そりを15メートル引いてタイムを競う「ミニ人間ばん馬チャンピオンシップ」を行う。賞金は例年の88万円からは減少するが32万円と高額。20チームが参加予定。競技は午後1時半から。

 また、コロナ禍で中止した昨年度に代替イベントとして作られた「ばん馬かるた」を使い、小学生対象の「ばん馬かるた大会」を初開催。A3判サイズのかるたを4人で取り合う。おもちゃのばん馬にまたがり順位を競う「ちびっこばん馬」やビンゴ大会、こども縁日などのイベントもある。多くのイベントは午前10時半ごろから受け付ける。

 運営を担当する帯広YEG地域協力プロジェクトの川田太紀リーダーは「例年と異なる部分はあるが、来場して楽しんでほしい」と話している。(吉原慧)

更新情報

「思い出の鉄路 十勝の廃止駅」 広尾線編3 愛国駅

紙面イメージ

紙面イメージ

12.4(日)の紙面

ダウンロード一括(74MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME