十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

士幌高校がエゾシカ使ったレトルトカレー開発

 【士幌】士幌高校(赤穂悦生校長、生徒107人)の肉加工専攻班(平田千紗姫班長、班員7人)は、エゾシカ肉を使ったレトルトカレー「志高のエゾシカレー」(250グラム)を開発した。同班は「エゾシカの『命』を無駄にせず、商品として広めたい」と意気込んでいる。

 開発のきっかけは、生徒が広大な土地に生息するエゾシカが増え続け、農林業の被害や交通事故を起こす害獣として扱われることに着目。資...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 開発した「志高エゾシカカレー」を紹介する大森さん(左)と會田さん

    開発した「志高エゾシカカレー」を紹介する大森さん(左)と會田さん

  • 士幌高生がデザインを考えたパッケージ

    士幌高生がデザインを考えたパッケージ

更新情報

「思い出の鉄路 十勝の廃止駅」 広尾線編3 愛国駅

紙面イメージ

紙面イメージ

12.4(日)の紙面

ダウンロード一括(74MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME