十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広市シルバー人材センター40周年 会員減課題も高齢者にやりがい

 帯広市シルバー人材センター(舩戸義弘理事長)が今年、設立40周年の節目を迎えた。企業の定年延長や再雇用が進む中、会員の減少は進んでいるが、多くはやりがいを持って働いているだけに、同センターは「取り組みを周知し、会員増強につなげたい」としている。

 同センターは1982年11月、高齢者事業団として会員220人からスタート。86年に現名称となり、2012年には公益社団法人に移行した。...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 帯広の森運動公園でせん定作業に励む帯広市シルバー人材センターの会員

    帯広の森運動公園でせん定作業に励む帯広市シルバー人材センターの会員

更新情報

看護学生が患者の異変を察知 月刊誌「クリニカルスタディ」に帯広登場

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME