十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

市水道純益4.8億円 昨年度決算 下水道は7.6億円

 帯広市は、2021年度の水道・下水道事業会計の決算をまとめた。純利益は水道会計が4億8928万円(前年度比28・7%減)、下水道会計が7億6014万円(13・3%増)だった。給水戸数、水道使用量の増加や経費の節減により両会計とも純利益を確保、健全な経営を維持している。

 水道料金引き下げ後、初の決算。市役所で8月31日に開かれた市公営企業経営審議会(耕野拓一会長)で報告した。


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

町内会加入率アップのヒント探る 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

12.1(木)の紙面

ダウンロード一括(109MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME