十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

福永武彦作品の魅力を地図から読み解く 福永研究の田口教諭が札幌で12日に講演

 帯広ゆかりの小説家・詩人の福永武彦(1918~79)を研究する田口耕平さん(芽室高教諭)が12日、札幌市内の北海道立文学館で福永作品に登場する地図を読み解く講演会を開く。

 田口さんは、福永武彦の調査研究をまとめた書籍を複数出版している。今回の講演会は、同館で14日まで開催中の特別展「地図と文学のすてきな関係」の一環で、伊藤整や佐藤泰志といった小説家の作品を地図と結び付け、新たな...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 帯広をベースにした「寂代」の地図

    帯広をベースにした「寂代」の地図

更新情報

看護学科、11月から出願受け付け 帯広大谷短大

紙面イメージ

紙面イメージ

9.26(月)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME