十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ビート糖蜜活用しバイオ燃料 東大と日甜が共同研究

 航空業界の脱炭素の切り札とされる「持続可能な航空燃料(SAF)」が注目を集める中、ビート糖で培養した藻類からSAFを開発する研究がスタートする。東大大学院が日本甜菜製糖、ホクレンとそれぞれ共同研究の契約を締結。日甜とホクレンは砂糖製造の副産物として出る糖蜜や培養施設を提供する。

由来の藻類培養 ホクレンとも契約
 SAFは、廃油や生ごみなどを由来とした研究が進んでいて、藻...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

医療の仕事を学ぶ 歯科医や看護師、作業療法士が語る 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME