十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

農福連携で小麦新品種の原種生産 山本忠信商店

 雑穀卸の山本忠信商店(音更町、山本英明社長)と小麦生産者でつくる小麦新品種普及拡大協議会は、新銘柄の原種生産の作業に障害者が携わる「農福連携」に向けた実証試験を始めた。農業従事者以外でも作業しやすいように、画像解析やドローンなどの技術を使って支援することで、事業化を目指しており、障害者の雇用創出と農業現場の人手不足解消につなげる。

 同協議会が原種を生産している超強力小麦「みの...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 十勝管内の障害福祉サービス事業所と行った農福連携実証試験

    十勝管内の障害福祉サービス事業所と行った農福連携実証試験

  • 異茎株の見分け方を教わりながら作業する障害福祉サービス利用者ら

    異茎株の見分け方を教わりながら作業する障害福祉サービス利用者ら

  • 山本専務(左)から異茎株の見分け方を教わる障害福祉サービスの利用者ら

    山本専務(左)から異茎株の見分け方を教わる障害福祉サービスの利用者ら

更新情報

まちの120年を分かりやすく 清水町郷土史料館がリニューアル

紙面イメージ

紙面イメージ

10.4(火)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME