十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「第一生命の森」整備へミズナラ500本植林 「大きくなったら見に来たい」 足寄

 【足寄】生命保険業界大手の第一生命(東京・稲垣精二社長)、森林保全の一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ、同・坂本龍一代表)、足寄町の3者が森づくりに関する協働宣言を行い、11日に町内で植林イベントを実施した。森づくりで脱炭素化を目指す「第一生命の森」として整備していく。

 第一生命は今年9月の創業120周年を機に、次世代も安心して暮らしていけることなどを目標とす...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 足寄 「第一生命の森」 2

    足寄 「第一生命の森」 2

  • 森づくりの協働宣言をする(左から)下川常務、渡辺町長、水谷事務局長

    森づくりの協働宣言をする(左から)下川常務、渡辺町長、水谷事務局長

  • 植林地の入り口に設置された「第一生命の森」の看板と植林の参加者

    植林地の入り口に設置された「第一生命の森」の看板と植林の参加者

更新情報

健康ポイント事業の手続き サツドラでも受け付け 中札内

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME