十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

人の気配「気持ちの良い場所と人」

「TINY GARDEN 蓼科」責任者の粟野龍亮さん

 旅ではなく、移住でもない、滞在という言葉を意識するようになった。例えば1週間ほど家とは別の場所で過ごしてみる。そこで得られる感情やインスピレーションが、ここ数年はとても魅力的なものに思えるのだ。

 有意義な滞在をするためには、自分にとって居心地の良い場所を知っている必要がある。長野県茅野市の蓼科(たてしな)湖畔にあるキャンプ場「TINY GARDEN 蓼科」が、僕にとってのそれである。キャンプスペースの他にもホテルのような部屋やキャビン、ワーケーションのための施設があり、レストランも併設されているこの場所は、滞在をするにはとても良い環境。「暮らすように過ごす」というコンセプトにも共感し、責任者の粟野龍亮さんとも仲良くなった。

 僕より年下のその人は、そうは思えない落ち着きがある。行動力や決定力も必要な立場だろう。さらに、周りにはさまざまな人が集まり、先日出演した「TINY GARDEN FES-TIVAL 2022」の際も、粟野さんには「人の気配」があった。

 それはなぜか。すぐに「経験」という言葉が頭に浮かんだ。まだまだ知らないことの方が多い関係ではあるが、幾つかの仕事を経験し、幾つかの街で暮らしてきたからこそ、しなやかな考えを持っていることはわかる。自然を相手にも臨機応変に対応しながら、自分が気持ち良いと思えることを信じ、日々の中で積み重ねているように思う。粟野さんと話していると、こちらも気持ちが良い。

 新曲『雨』は、誰もが持つ迷いをテーマにしているが、自分が心地よく過ごせる場所に滞在し、遠くから自分の日常を眺めてみるのはおすすめだ。もしもそういう場所を探す日が来たら、十勝からは少し遠い「TINY GARDEN 蓼科」のことも思い出してほしい。



<Keishi Tanaka(タナカ・ケイシ)>
 ミュージシャン。1982年大樹町生まれ。大樹小、大樹中、帯広柏葉高卒。昨年のV6への楽曲提供が話題。新曲『雨』をリリースし、全国11本のツアーが始まる。

更新情報

まちの120年を分かりやすく 清水町郷土史料館がリニューアル

紙面イメージ

紙面イメージ

10.4(火)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME