十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯北テニス男子団体戦で全道制覇インターハイへ、十勝初の快挙 全道高体連

(7、8日・江別市野幌総合運動公園)
 第1日は男女団体戦準決勝までと、個人戦ダブルスの一部を行った。男子団体戦で、帯北(観野凌雅、松本薫=以上3年、清水結心=2年、宮本悠燈、渡邊来翔=以上1年)は初戦の2回戦で立命館(札幌)に3-0で快勝、準々決勝は札幌旭丘を2-0で制し、準決勝で海星学院(室蘭)に2-1で勝利した。8日午前の男子団体戦決勝で帯北は、札幌光星を2-1で破り、団体戦では秋...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 【男子団体戦準決勝・帯北―海星学院】息を合わせて戦う帯北の(手前から)観野凌雅と渡邊来翔のペア。準々決勝に続き6―0で完勝した

    【男子団体戦準決勝・帯北―海星学院】息を合わせて戦う帯北の(手前から)観野凌雅と渡邊来翔のペア。準々決勝に続き6―0で完勝した

  • 男子団体戦で優勝を決め、コート外の仲間のもとに駆け寄る帯北のメンバー。(左から)宮本悠燈、松本薫、渡邊来翔、観野凌雅、清水結心(8日午前10時40分ごろ、新井拓海撮影)

    男子団体戦で優勝を決め、コート外の仲間のもとに駆け寄る帯北のメンバー。(左から)宮本悠燈、松本薫、渡邊来翔、観野凌雅、清水結心(8日午前10時40分ごろ、新井拓海撮影)

  • 男子団体戦で優勝を決めて抱き合って喜ぶ帯北のメンバー。右から2人目は松本薫、同4人目が観野凌雅(8日午前10時40分ごろ、新井拓海撮影)

    男子団体戦で優勝を決めて抱き合って喜ぶ帯北のメンバー。右から2人目は松本薫、同4人目が観野凌雅(8日午前10時40分ごろ、新井拓海撮影)

更新情報

健康ポイント事業の手続き サツドラでも受け付け 中札内

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME