十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

貨物運送の小田嶋商事 自己破産へ 負債総額約2億円

 一般貨物運送業の小田嶋商事(帯広市、小田嶋喜則代表)は4月30日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。近く自己破産申請する予定。帝国データバンク帯広支店によると、負債総額は約2億円。

 同社は1976年に創業し、2001年に有限会社とした。冷凍食品や野菜類を本州方面に運ぶドレージ輸送(コンテナ輸送の荷物を陸送する)を主体に手掛け、20年6月期には売上高約7億900万円...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

道の駅来場者50万人突破 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

7.1(金)の紙面

ダウンロード一括(95MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME