十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ウラホロイチゲを移植 浦幌

 【浦幌】浦幌町内に自生し、環境省のレッドリストで絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に指定されているウラホロイチゲの公開移植会「ウラホロイチゲを守ろう!」が4日、国指定の史跡「オタフンベチャシ跡」周辺で開かれた。

 ウラホロイチゲは、キンポウゲ科の植物で、1984年に浦幌町留真で自生していることが初めて発見された。氷河期の生き残りとも言われ、和名は発見地にちなんで名付けら...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • ウラホロイチゲを移植する参加者

    ウラホロイチゲを移植する参加者

  • 掘り上げたウラホロイチゲを手にする参加者

    掘り上げたウラホロイチゲを手にする参加者

  • ウラホロイチゲを掘り上げる参加者

    ウラホロイチゲを掘り上げる参加者

更新情報

「二度と戦争をしてはいけない」 東士幌小で平和学習 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

6.30(木)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME