十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

自由ケ丘温泉でマガモのひな生まれる

親ガモが見守る中、芝生の上で元気に遊ぶひな(5日、金野和彦撮影)

 帯広市内の自由ケ丘温泉(自由が丘4、鳥谷繁樹社長)の庭で、マガモのひなが生まれ、親ガモの後ろについて歩き回ったり、池を泳いだりする姿に入浴客や従業員が癒やされている。

 3月初旬にマガモのつがいが姿を見せ、今月3日に13羽のひなが生まれているのを確認した。鳥谷社長によると、ひなの誕生は2020年から毎年確認されている。

 例年、カラスなどの外敵に襲われ、飛び立っていくのは数羽という。温泉では入浴客からアドバイスを受け、周囲をネットで囲んだり、中空に釣り糸を張ったりして対策している。

 ひなのいる庭は入り口正面の休憩スペースや浴室から見ることができる。鳥谷社長は「つがいはもう1組いるので、もしかしたらまたひなが生まれるかもしれない。成長を温かく見守ってほしい」と話す。(松崎篤嗣)

関連写真

  • 親鳥の後ろに着いて元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

    親鳥の後ろに着いて元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

  • 親鳥の後ろに着いて元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

    親鳥の後ろに着いて元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

  • 親鳥の後ろに着いて、元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

    親鳥の後ろに着いて、元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

  • 池から上がり、芝生の上でひなたぼっこをするヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

    池から上がり、芝生の上でひなたぼっこをするヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

  • よちよちとおしりを振って歩くヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

    よちよちとおしりを振って歩くヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

  • 母鳥と元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

    母鳥と元気に泳ぐヒナたち(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

  • 母鳥とたち元気に泳ぐヒナ(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

    母鳥とたち元気に泳ぐヒナ(5日、帯広市内の自由ヶ丘温泉で。金野和彦撮影)

更新情報

津波ハザードマップの作成作業開始 広尾

紙面イメージ

紙面イメージ

7.2(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME