十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広協会病院、高画質・低線量のデジタルX線TVシステム導入

 帯広協会病院(吉田一郎病院長)は、高画質・低線量のデジタルX線TVシステムを導入した。全身の骨の写真や断層撮影が容易にできるなどの特長に加え、見たい患部に視野を移動して観察できる機能もあるという。同病院では、「患者に優しく、術者の安全な手技をサポートする最新の機能を通じて、地域医療に貢献したい」としている

 導入したのは、キヤノンメディカルシステムズの「Astorex i9」と...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 帯広協会病院が導入したデジタルX線TVシステム。高画質・低線量が特長という

    帯広協会病院が導入したデジタルX線TVシステム。高画質・低線量が特長という

更新情報

「二度と戦争をしてはいけない」 東士幌小で平和学習 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

6.30(木)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME