十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

スケート五輪活躍の押切美沙紀さん、羽賀亮平さんスケートに一区切り、辻麻希さん、長谷川翼さんも引退

 スピードスケートのオリンピアンが新たな道に進む。2014年のソチから今冬の北京五輪まで3大会連続出場した中札内村出身の押切美沙紀さん(29)=駒大苫小牧、中札内中出=は長年所属した富士急を退社。...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 五輪の大舞台で押切美沙紀さんは積極的な滑りを貫き、存在感を発揮した(2018年2月の平昌五輪)

    五輪の大舞台で押切美沙紀さんは積極的な滑りを貫き、存在感を発揮した(2018年2月の平昌五輪)

  • 「新しいことに挑戦し、学んでいきたい」と穏やかな表情で話す押切美沙紀さん(大賀章好撮影、2022年4月1日)

    「新しいことに挑戦し、学んでいきたい」と穏やかな表情で話す押切美沙紀さん(大賀章好撮影、2022年4月1日)

  • ダイナミックなフォームで滑走する羽賀亮平さん。ワールドカップで表彰台に立ち、全日本距離別選手権や全日本スプリント選手権を制するなど、長年日本のトップクラスで活躍を続けた(2014年12月の全日本スプリント選手権)

    ダイナミックなフォームで滑走する羽賀亮平さん。ワールドカップで表彰台に立ち、全日本距離別選手権や全日本スプリント選手権を制するなど、長年日本のトップクラスで活躍を続けた(2014年12月の全日本スプリント選手権)

  • 平昌五輪女子5000メートルで力走する押切美沙紀さん(2018年2月)

    平昌五輪女子5000メートルで力走する押切美沙紀さん(2018年2月)

  • 国際大会でも活躍した羽賀亮平さん。ワールドカップ帯広大会の男子500メートルで2位に入った(2018年11月)

    国際大会でも活躍した羽賀亮平さん。ワールドカップ帯広大会の男子500メートルで2位に入った(2018年11月)

  • 北京五輪日本代表選手選考競技会の女子5000メートルで、7分4秒31の国内最高記録で優勝し3大会連続の出場権を獲得した押切美沙紀さん(2021年12月)

    北京五輪日本代表選手選考競技会の女子5000メートルで、7分4秒31の国内最高記録で優勝し3大会連続の出場権を獲得した押切美沙紀さん(2021年12月)

  • 北京五輪日本代表選手選考競技会の女子5000メートルで、7分4秒31の国内最高記録で優勝し3大会連続の出場権を獲得した押切美沙紀さん(2021年12月)

    北京五輪日本代表選手選考競技会の女子5000メートルで、7分4秒31の国内最高記録で優勝し3大会連続の出場権を獲得した押切美沙紀さん(2021年12月)

  • 全日本距離別選手権の男子500メートルを制し、表彰台で笑顔を見せる羽賀亮平さん。左は及川佑選手、右は加藤条治さん(2015年10月)

    全日本距離別選手権の男子500メートルを制し、表彰台で笑顔を見せる羽賀亮平さん。左は及川佑選手、右は加藤条治さん(2015年10月)

  • 明治北海道十勝オーバル競技会第3戦の男子500メートルで優勝した羽賀亮平さん(2021年11月)

    明治北海道十勝オーバル競技会第3戦の男子500メートルで優勝した羽賀亮平さん(2021年11月)

更新情報

忠類小 縫いぐるみでナウマンゾウ 紙で造形把握、メーカーへ伝達

紙面イメージ

紙面イメージ

6.19(水)の紙面

ダウンロード一括(87MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME