十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

アイスキャンドルを町内各所で点灯 芽室

公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

 【芽室】芽室町観光物産協会(松山博行会長)は13日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止した「氷灯夜2022」で製作していたアイスキャンドルを住民向けに配布し、各所で一斉に点灯させた。各家庭のほか、主催団体の関係者らが芽室市街地の3カ所でキャンドルに火をともした。

 氷灯夜は1991年に始まったイベントで、芽室公園をアイスキャンドルの光で彩ってきた。今回は新型コロナの感染拡大のため初の中止に。関係者は5日の開催に向け、1カ月前から約3000個のアイスキャンドルを製作するなどし準備を進めていた。用意したキャンドルを有効活用する企画として、今回のキャンドル配布と各所での一斉点灯を企画した。

 この日は午前10時から町内の国道観光倉庫でキャンドル約2000個を無料で配布。その後、町内の7団体で構成する実行委員会(谷口尚広委員長)のメンバーらがJR芽室駅前、公立芽室病院、特別養護老人ホーム芽室けいせい苑にキャンドルを約900個並べた。氷灯夜の会場で予定していたアイスキャンドルの点灯時刻の午後5時に合わせ一斉に点灯させた。

 公立芽室病院では、駐車場でキャンドルを「2022」にかたどって並べ、窓辺から見守る入院患者らの目を楽しませていた。同病院は「入院生活が長く不自由な生活を余儀なくされている人も多い。そうした方に楽しんでもらえる機会として企画してもらい感謝している」と話していた。

 同協会は「コロナ禍の影響で本来予定していた形では開催できなかったが、思いのほか多くの方がアイスキャンドルを持ち帰ってくれるなど反響に驚いた。来年は通常通りの開催ができるよう願っている」としている。(本田龍之介)

関連写真

  • 公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

    公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

  • 公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

    公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

  • 公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

    公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

  • 公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

    公立芽室病院の駐車場に並んだアイスキャンドル(助川かおる通信員撮影)

  • 町中心部でアイスキャンドルに火をともす実行委員ら

    町中心部でアイスキャンドルに火をともす実行委員ら

  • 町中心部でアイスキャンドルに火をともした(助川かおる通信員撮影)

    町中心部でアイスキャンドルに火をともした(助川かおる通信員撮影)

更新情報

遠景近景 更別の亜麻畑

紙面イメージ

紙面イメージ

7.3(日)の紙面

ダウンロード一括(60MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME