十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯工業高、白樺学園高も応援 北京五輪スケート出場の村上、堀川、郷選手母校

郷選手、堀川選手を応援する白樺学園高校スケート部の1、2年生

 北京冬季五輪(4日開幕)に出場するスピードスケート選手の出身校の帯広工業、白樺学園の両高校に、「祝 北京オリンピック」の文字が入った懸垂幕や横断幕が掲げられている。

 村上右磨選手の出身校帯広工業高校(稲津誠校長)では1日、校舎の正面に幅90センチ、長さ8メートルの懸垂幕が設置された。同窓会やPTAなど3者が寄贈した。

 稲津校長は「教壇に立っていたころ、電気科の中でも文武両道に秀でた彼を見てきた。頑張り屋だった。12日の500メートルでは力を発揮してほしい」と話した。

 白樺学園高校(嶋野幸也校長)では、現役高校生の堀川桃香選手と、2大会連続2度目の郷亜里砂選手の応援に力を入れる。校内には幅1メートル20センチ、長さ4メートルの懸垂幕、校舎入り口には横断幕を用意した。

 奥泉慶泰教頭は「堀川選手には、何よりも試合を楽しんでほしい。スケート部の仲間とはビデオ通話で言葉を交わしているよう。離れていても応援する気持ちは伝わっていると思う」。郷選手については「メダルの可能性がある選手。本人の納得するレースをしてほしい。感染対策に注意しながら、学校や下宿先から精いっぱい応援したい」と話した。(牧内奏)

関連写真

  • 村上選手を応援する(左から)稲津校長、所属する高堂建設の高堂匠美社長、中島泰彰教頭(高堂建設提供)

    村上選手を応援する(左から)稲津校長、所属する高堂建設の高堂匠美社長、中島泰彰教頭(高堂建設提供)

  • 村上選手を応援する(左から)稲津校長、中島泰彰教頭

    村上選手を応援する(左から)稲津校長、中島泰彰教頭

  • 郷選手、堀川選手を応援する白樺学園高校スケート部の1、2年生

    郷選手、堀川選手を応援する白樺学園高校スケート部の1、2年生

更新情報

山田哲汰(白樺学園高3年)バスケ男子U18日本代表選出、十勝初の快挙

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME