十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ポロシリ「入宇田尚樹 『でもしか先生』の告白」

 1950年代から70年代の児童生徒数と学校数の増加、さらには上級学校への進学率の高まりによる教員確保の必要から、容易に教員になることができた時代があった。「先生でも…やろう、先生にしか…なれない」との消極的な志望動機を持つ先生が増えたことで、当時、そのような先生は「でもしか先生」と言われていた。しかし、志望動機のいかんが、その後の教員の良しあしの決定要因になったと断言することはできない。
...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

津波ハザードマップの作成作業開始 広尾

紙面イメージ

紙面イメージ

7.2(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME