十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

新射場「LC-1」着手 IST・ZERO開発ヤマ場 大樹の宇宙港構想

 大樹町が掲げる民間宇宙港構想「北海道スペースポート(HOSPO)」。2022年は、同構想の具体化に向けて重要な1年になりそうだ。町内のロケット・ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)では、23年度打ち上げを予定する人工衛星搭載用ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発がヤマ場を迎え、呼応して町は新しいロケット発射場「LC-1」の整備に着手する。昨年は射場の管理運営会社「SP...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 【完全版動画】MOMO6号機2回連続宇宙到達、マスコット放出に成功 大樹IST

  • 【完全版動画】MOMO7号機 打ち上げ成功、高度99キロ到達

  • 【完全版動画】MOMO3号機 宇宙空間到達と指令所

関連写真

  • 「ZEROの開発は順調」と語るISTの稲川貴大社長(塩原真撮影)

    「ZEROの開発は順調」と語るISTの稲川貴大社長(塩原真撮影)

更新情報

オール十勝、予選2位と健闘 少年野球6年生選抜全国大会

紙面イメージ

紙面イメージ

1.25(火)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME