十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

渋沢栄一の揮毫書「晴耕雨読」 大切な家宝 音更町の山本さん方

 【音更】“日本資本主義の父”と称され、今年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主人公であり、2024年度から流通する新1万円札の肖像に採用されるなど、改めて注目が集まる渋沢栄一(1840~1931年)。その渋沢が揮毫(きごう)した書「晴耕雨読(せいこううどく)」が、音更町万年基線の団体役員山本良二さん(73)方で110年にわたり“家宝”として受け継がれ、今も大切にされている。

...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 渋沢栄一が揮毫した書「晴耕雨読」を紹介する山本さん夫妻

    渋沢栄一が揮毫した書「晴耕雨読」を紹介する山本さん夫妻

更新情報

遠景近景(50)「雌阿寒岳冠雪  足寄」

紙面イメージ

紙面イメージ

10.23(土)の紙面

ダウンロード一括(70MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME