十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

コロナに使わないの? 2億円超余った 他に回した 臨時交付金

 帯広市が昨年度、新型コロナウイルス対策の地方創生臨時交付金を活用した事業で、2億円余りの不用額が生じていたことが、同年度の会計決算で明らかになった。不用額は当初予算で一般財源を活用していた他事業に、特定財源として充当するなどして消化していた。2億円の財源があればコロナ対策をより手厚く速やかに展開できた可能性があり、議会からは交付金の効果的な活用を念頭に、予算積算の精度向上を求める声が出ている...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

遠景近景(50)「雌阿寒岳冠雪  足寄」

紙面イメージ

紙面イメージ

10.23(土)の紙面

ダウンロード一括(70MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME