十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「子どもの殿堂」魅力アップ 遊具をリニューアル 帯広児童会館

大型ブロック遊具「イマジネーションプレイグラウンド」と飛び跳ねて遊ぶ「エアスポット」

 帯広市の児童会館(緑ケ丘2)が屋内遊具を21年ぶりにリニューアルし、緊急事態宣言解除後の10月にも利用を開始する。ボルダリング遊具を市の屋内施設では初めて導入、知育にも有効な海外製の大型遊具を配置し、子どもたちの成長を後押しする。来年度にはプラネタリウムも新しくなる予定で、「子どもの殿堂」は大幅に魅力をアップさせる。

 全面改修したのは2階の講堂内にある小学生向けスペース。新コーナーの広さは約75平方メートル。コンセプトは「体力づくりと豊かな想像力を育む」。壁面は黄色に塗り替えて明るくし、軽運動ができるよう、床には軟らかい素材のマットを敷いた。

 メインの遊具は高さ2・8メートル幅7・2メートルのボルダリングウオール。ホールド(手でにぎる突起物)を数多く配置し、年齢に応じて登れるようコースを設定した。市内では公園を除いてボルダリングができる公共施設は今回が初めて。

 アメリカやドイツなど海外製の大型遊具も配備。自由に組み立てて遊ぶ大型ブロック遊具「イマジネーションプレイグラウンド」、ウレタン製ブロックを組み合わせて遊ぶ「ブロックモジュール」、上下に弾む運動ができる「エアスポット」など創造力を育む遊具を充実させた。

 幼児向けの「もっくんひろば」にも、クッションブロックと歯車遊びが楽しめる知育遊具を追加。既存の木製遊具を残して、遊びの幅を広げた。

 渡邊誠克館長は「天候に左右されずに遊べるので身近な屋内遊具として利用してほしい」と話している。施設再開後の開館時間は午前9時~午後5時。

 市児童会館は今年度からプラネタリウムの更新にも着手。画質を向上させ、臨場感ある映像が見られるようになる。12月から機材の入れ替えに着手する予定。(岡田優人)

関連動画

  • 遊具をリニューアル 帯広児童会館

関連写真

  • ブロックを自由に組み合わせて遊ぶ「ブロックモジュール」。カラフルなブロックが子どもの創造性を刺激する(塩原真撮影)

    ブロックを自由に組み合わせて遊ぶ「ブロックモジュール」。カラフルなブロックが子どもの創造性を刺激する(塩原真撮影)

  • 高さ2・8メートルのボルダリングウォール。子どもが掴みやすいようにホールドを多く配置している(塩原真撮影)

    高さ2・8メートルのボルダリングウォール。子どもが掴みやすいようにホールドを多く配置している(塩原真撮影)

  • 知育遊具が追加された幼児向けコーナー「もっくんひろば」(塩原真撮影)

    知育遊具が追加された幼児向けコーナー「もっくんひろば」(塩原真撮影)

更新情報

遠景近景(50)「雌阿寒岳冠雪  足寄」

紙面イメージ

紙面イメージ

10.23(土)の紙面

ダウンロード一括(70MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME